「レジリエンス」とは、逆境に負けない力、

困難や失敗に直面して落ち込んだりしても、

そこから立ち直る精神的回復力のこと。


「レジリエンス」は、誰もが持つ心の力です。


そして、経験や知識を積み重ねることによって、

育てることができます。


本講座では、子育てにおいて、

親子で一緒に生きる力を育てることを目的に、

論理的視点と実践的な手法について

わかりやすく学んでいきます。


講座を通して以下のような力が育つとが期待されます。


 ✓ 自分の気持ちが理解できる 

 ✓ 考え方が柔軟になる

 ✓ コミュニケーション能力が上がる

 ✓ 自分らしさを大切にできる

 ✓ 良い人間関係を築ける

 ✓ 新しいことに挑戦してみようと思える

 ✓ 自己肯定感や自己効力感がアップする

子ども達に人生で望むことはなんですか?


多くの人は「幸せ」と

答えるのではないでしょうか。

時代の流れが早く、

価値観も変わりゆく現代を

生きる子供達は、

どうしたら幸せに生きることができるのでしょうか。


今回ご紹介する

「レジリエンス教育」とは、

幸せにたくましく自分らしい人生を

生き抜く力を育てる教育です。


イギリス、日本、フランス、シンガポールで実践され、

子ども達の自己効力感やレジリエンスが

向上するという結果が

見られるプログラムをもとに

作成しました。


ご家庭でご家族、お子様、ご自身の

レジリエンスを育て、

どんな時代でも、

逆境や困難に負けない力を

育てていきましょう。


保護者向け


ネガティブ感情とうまく付き合う力

1〜4





レジリエンストレーニング1

「ネガティブ感情を受けとめる」

ネガティブ感情は決して悪いものではありません。

私たちにとって大切なことに気がつかせてくれる大きなサインです。

しっかりと受け止めることで、

ネガティブ感情の中にある宝物が見つかります。


レジリエンストレーニング2

「レジリエンス・スイッチ

-ネガティブ感情からの脱出法-」

ネガティブ感情は大切な役割をもちますが、ずっとネガティブ感情に

浸っていると、本来の力が発揮できません。

レジリエンススイッチを押して、ネガティブ感情の沼から脱出練習をします。


レジリエンストレーニング3

「自分の心の中の声に耳を傾けよう」

私たちは、日々自分自身に頭の中で語りかけています。

どんなメッセージを自分に伝えていますか?

そのメッセージは、感情や行動と大きく関係しています。

自分自身の頭の中の声に気がつくことは、ネガティブ感情から

脱出する際に重要な役割を果たします。


レジリエンストレーニング4

「自分の捉え方のクセに挑戦」

ネガティブなセルフトークを変化させると気持ちも変わります。

すると、自分の持っている強みを発揮できたり、

良い状態にアクセスできるのです。



ネガティブ感情とうまく付き合う力


カリキュラム


  この講座へようこそ!
利用可能
日 お申し込み後
  レジリエンストレーニング1 -ネガティブ感情を受け止める-
利用可能
日 お申し込み後
  レジリエンストレーニング2-ネガティブ感情からの脱出法-
利用可能
日 お申し込み後
  レジリエンストレーニング3・自分の心の中の声に耳を傾けよう
利用可能
日 お申し込み後
  レジリエンストレーニング4・捉え方のクセに挑戦!-
利用可能
日 お申し込み後